ついついやっちゃう顔ハメパネル

この先が会場。ビビットな色合いがたまらん


毎日開催するアミ族の歌と踊りのショー


 花蓮で原住民の歌と踊りを見るなら、まずは阿美文化村へ。毎日開催のアミ族のショーで、花蓮に来たらやっぱり原住民のショーは見ておきたいもの。予約なしでそのまま行けるので、気軽に行けるのがいいんです。ショーは約1時間で、アミ族の伝統的な歌や踊りを10曲ほど。ハードなバンブーダンスは必見です。 

 

花蓮中心部から車で15〜20分。市バスの301に乗り、阿美麻糬バス停で降り徒歩で15分。これは公共交通機関での最寄りですが、ここはタクシーで行くのがオススメ。なぜかというと、バス停から阿美文化村までの道のりに野犬が多いから。車に乗っていてもちょっと怖いなーと思うくらい野犬が多いので、徒歩はオススメしません。帰りは真っ暗になるし、タクシーを利用しましょう。

 

ここはアミ族の歌と踊りが楽しめる専用の会場で、収容人数は500名もの大きなステージがあります。中に入ると顔を入れる撮影スポットやアミ族のグッズを売るショップがあります。ショップはステージ終了後はクローズしているところもあるので、買い物するなら少し早めに行くのがベスト。

 

施設をぐるりと見たら会場へ。席は自由なので、見やすくて好きな場所に座りましょう。会場は広いので、焦らなくても必ず座って見られます。

 


こちらがオススメのバンブーダンス。激しくて楽しい!

最後に手を繋いでダンス。


バンブーの曲はアップテンポでのれます

最初は歌から始まります


ショーは約1時間。わりと激しい!


さあ始まった、アミ族のショー。最初は歌から始まります。ショーは約1時間で、アミ族の伝統的な歌や踊りを10曲ほど。途中途中にお客さんから参加者を募って、参加できるタイプの曲も。アミ族の伝統的な結婚式には新郎と新婦をお客さんから選びます。一緒に参加して楽しむのが好きな人は楽しいかも!これまで3回ほど撮影でお邪魔していますが、結構みなさん楽しそうに参加しています。団体客の中から参加すると盛り上がるし、旅だしやってみっか、という人も多いです。

 

 

私のオススメはハードなバンブーダンス。このショーの演者は全員アミ族で、学生から結構な年代の人まで出演しているんだけど、バンブーダンスは若いダンサーだけがめっちゃくちゃ踊りまくるのです。速さも半端ない。難しそう、スゴイ、これは楽しい! という踊りなのですが、こちらも何と、お客さんから参加者を募るんですよ。えー、無理じゃない?と思うんだけど、結構みなさんできちゃうんですよね。もしかしたら意外といけんのか。次回は勇気を出して参加してみたいと思います。

 

ショー中の撮影もOK。最後はお客さんと手をつないで輪を作って、踊りながらステージをぐるぐると回ります。踊りに参加するしないはもちろん自由。踊って楽しむ、ゆっくりと見る、どちらでもOKです。あっという間の1時間。夕食前に出かけてみるのもいいかも!


アミ族といえば赤。赤をベースにしたグッズが多い


アミ族グッズのショップも


阿美文化村にはアミ族のグッズを売るショップが4〜5軒あります。バッグやアクセサリー、衣装などが購入できます。

 

特にネックレス、ピアスなどのアクセサリーが豊富。エスニックなデザインでかわいいラインナップがずらり。他では販売していない1点ものなのが多いので、気に入ったら即買い。ショー終了後は閉まってしまう店もあるので、早めに行ってチェックしましょう。


エスニック好きには気になるネックレス

会場までの通路にはこのようなショップが並ぶ

ふだん使いもできそうなデザインも



阿美文化村 ファーリエンアーメイウェンホアーツエン

 

住所/花蓮縣吉安郷仁安村海濱93-1號 
電話/03-842-2734  
時間/17:30〜ショー終了 
休/なし 
アクセス/台湾鉄道「花蓮」駅から車で20分 

【台湾花蓮】台湾原住民アミ族と踊る!

台湾花蓮旅行の醍醐味のひとつは、原住民の文化に触れること!ここ阿美文化村では、毎晩アミ族の歌と踊りのショーを開催!台湾原住民の中でも歌が上手いことでも知られるアミ族のショーは、観光客も一緒に踊れて楽しい。阿美文化村のショーをレポート。 #台湾原住民#アミ族#台湾歌と踊り