9号戦に面しているので見つけやすい


タロコ族の料理が楽しめるタロコの森


花蓮駅から車で約40分、地元で大人気のタロコ族のレストランを紹介! 花蓮駅からは少し遠いけれど、ここには花蓮観光の人気スポットの清水断崖に近く、車なら合わせて寄れるレストランなのです。レストランのほかにも原住民グッズやDIY 、カフェなども併設しているので、 広い敷地内はまるで小さなタロコ族の森のよう。ここへ来たら食事を取りながら、のんびりと過ごせるのがいい!

週末には、タロコ族の歌を披露したりして、ちょっと楽しいレストランなんです。

 


木々がいっぱいの自然を感じるレストラン。

 

飼い猫君は人懐っこくてかわいい。

窓はなく開放的な作り。

 


竹や流木を使って作った絶妙なセンスが素敵!

大きな木はそのまま残した自然いっぱいの造り

週末はライブ演奏を実施。



太魯閣の山の恵みをたっぷりいただく、タロコ族の料理


550元、12品のコース。野菜も肉も魚もたっぷりで大満足!

営業時間は昼間だけ。11時半から15時まで毎日営業しています。午前中に清水断崖を観光して、お昼をここでとるとちょうどいい感じのスケジュール。

ここでは伝統的なタロコ族の料理が食べられます。コースは350元、450元、550元の3つ。日本語メニューもあるので、じっくり選んでみましょう。写真は550元のコース。料金は一人当たりの金額で、こちらは2人前の量。撮影用に一度に出してもらって集合写真を撮ったけど、実際は一品づつ提供されます。これにご飯やスープもつくので、大ボリュームなんです!しかもどれを食べてもおいしい!

 

他の国のエスニック料理って、スパイシーで辛いのが多いけど、台湾原住民の料理は、素朴な味付けで、毎日食べられるやさしい味。日本じゃお目にかからない食材もあって、これはなんだろう?とか予想と違う味もあったりして、とっても楽しいんです。

 


日本語メニュー完備で安心。

白をベースにしたタロコ族のコスチューム

台湾原住民の代表的料理、竹筒飯。


どうやって食べるかというと、石に打ち付けて竹を割ります。

中からご飯が登場。ちょっと楽しい!

お皿に取り出して食べます。


ふっくらやわらかい鹹豬肉。うますぎ注意!


太魯閣族のオールスター料理がずらり


まずは、台湾原住民料理の代表格、鹹豬肉。こちらの鹹豬肉はしっとり厚めのお肉。豚バラを塩麹で漬け込んで焼いた料理で、そのまま食べてもやさしい塩味でうまい!オリジナルのピリ辛醤油ダレをかけてもおいしい。ご飯が欲しくなるおいしいおかずです。

裏山で採れた野菜の天ぷらと、赤いのは東台湾ではよく食べられる名産品のローゼルという花。これ自体にそれほど味はないんだけど、塩づけなので、天ぷらと一緒に食べてもいい。

いちばん美味しかったのは、ししゃもの天ぷら。これ、本当においしい!絶妙な塩加減と揚げ具合が最高。

その時の旬の食材で作るから、行く時期によってメニューは変更するので、次回はまた違う料理が食べられるかと思うとワクワクする!

 


新鮮ハーブの天ぷら。

これこれ、超うまいししゃもの揚げ物。お腹に卵がいっぱい。

甘辛く煮た豚ひき肉と、苦味の野草がたまらない一品。


これがパンの木(パンノキ)。初めての体験!


パンの木の実、食べたことある?


私はない。これまで食べたことなかったので、これは楽しみ。パンの木って、勝手に「パンの木」と思っていたけど、「パンノキ」というクワ科の常緑樹のことなんだって。切る前の見た目はドリアンぽい感じ。今回は塩味のスープで食べました。味は、素朴で野性味のあるじゃがいもといった感じ。特別においしい!という感じではないけど、スープとしてとてもおいしいので、アリ!これがパンの木かーと思う味でした。

季節の旬の食材を使って作る料理の数々。素朴で食べやすく、どれを食べても美味しかったです。塩加減が絶妙!ちょっと遠いけど、観光タクシーやレンタカーで、清水断崖方面に行ったら、ぜひ寄ってほしいお店です。


ショップ前の工房では、伝統的なタロコ族の布を機織りしている


店内の工房で作るタロコ族グッズ


広い店内には、2つのショップがあります。いちばん奥には、タロコ族グッズのショップがあります。ここではタロコ族のお母さんが、伝統的な布を織ったり、刺繍をしたりして、それを見るのも楽しいんです。店内のスタッフのコスチュームやバッグやアクセサリー、ポーチなど、タロコ族のアイテムが揃います。

 

また、お店の入口には手づくり石鹸のショップがあります。自然派のナチュラルな石鹸から、七星潭の石をモチーフにしたものなど、いろんな石鹸があります。食事の後には2つのショップでお土産探しも楽しめます。

 


スタップのかわいいエプロンの販売も。

お土産にぴったりな小物も多数。

 

石鹸の専門店。

七星潭の丸い大理石をモチーフにした石鹸。



達基力部落屋  ダージーリーブールゥオウー
住所/花蓮縣秀林鄉崇德村96號
電話/03-862-1033
時間/11:30〜15:30
休/なし
日本語メニュー/あり
アクセス/花蓮駅→ 崇徳車站徒歩7分→崇徳[花客バス] 1132→崇徳教会徒歩3 分 

【台湾花蓮】タロコ族の原住民料理を食べるんだ!
東台湾の花蓮に行ったら、おいしい原住民料理を食べてみたい!原住民料理のレストラン「達基力部落屋」で、タロコ族料理のランチを!ランチメニュー12品をすべて紹介します。