原住民一條街のゲートには原住民の巨大オブジェが。


東台湾最大の9ヘクタールの巨大夜市


花蓮の中心部から歩いて行ける夜市。店舗数は400軒、面積はなんと9ヘクタールもある!毎日多くの人で賑わうけど、とても広いので、ぎゅうぎゅうという感じにはならず、ゆっくりと散策できます。

ここは2015年にオープンした東台湾最大の夜市で、中は福町夜市、大陸各省一條街、自強夜市、原住民一條街の4つの通りからなり立っています。いろんな特色のある夜市が、一度色々楽しめるのがイイ!
なかでも私のオススメは、原住民一條街。ここは原住民の夜市で、気軽に安く原住民料理が食べられるんです。本格的な原住民レストランは中心部には少なくて、郊外に行くんだけど、ここは中心部から歩いて行けるスポットなんです

ゆっくり座れるバータイプの店。ちょっとおしゃれなのだ。

 


海老や貝などの串焼きの店。


裸で肉を焼くワイルドなアニキがいる


さあ、やってきた!ひときわ人が多いこの通りが原住民一條街。花蓮ならではの原住民料理が気軽に食べられる店がずらりと並びます。
その中でもいつも行っちゃうお店があるんです。
それは原住民一條街の真ん中くらいにある「九鬼」。ここは新鮮な魚介類と肉が美味しいと評判の店。店頭のショーケースには食材が並び、指さしで注文OK。注文したら、奥の広い共有のテーブルスペースで待ちます。豪快に焼いた肉料理や野菜、新鮮魚介もおいしい。屋台の料理とは思えない、充実したしっかりめの夕食が食べられます。
安くておいしいからオススメなんですと、言いたいところなんだけど、それもそうなんだけど、もう一つのオススメの理由があるんです。それは、男性スタッフが上半身裸なんです!
なんだろう、日本でこれやられたら、いやいや上着来てよ、と思うかもしれないけど、台湾でワイルドなアニキが裸で肉を焼くというのが、なんでだかわからないけど、とってもお気に入りなのです。
ワイルドだねーと、ついつい寄ってしまうんです。
ある日、左のワイルドアニキが仕事が終わって、お疲れーとTシャツを着て帰っていくところを見た。あ、いつも裸じゃないのね、そりゃそうかと、いたく納得。ユニフォームが裸なんだわ。

火と肉とアニキ。たまらん。


竹筒飯は赤米と白米がある

炭火で焼く牛肉のグリル。

花蓮の漁港であがる海老や貝焼きもおいしい。


牛肉の炙り焼き骰子牛肉200元。うまい!

豚肉の炙り焼き鹹豬肉150元は大きなバラ肉

オオタニワタリの新芽の炒め物炒山150元。


下からは炭火、上からはバーナーで一気に仕上げる肉

ヤングコーンを皮ごと焼いた玉米筍。それだけなのにめちゃめちゃ旨い!100元と手頃なので、ぜひ注文してほしい一品。


こちらがイメケン店長。営業時間は店長が酔っ払うまで!


広いテーブル席でゆっくり食事


住民一条街のメインストリートの店頭で注文すると、店の中を通って裏にある、巨大なテーブル席へ。食べ歩きも楽しいけど、ゆっくり座って食べられます。これはどの店でも同じシステムなので、どこに入っても利用できます。ビールやカクテルなどのアルコールも充実しているので、お酒を飲みながらなんてちょっといい感じ。

料理ができたら持ってきてくれるので、席についたらあとはゆっくり待つだけ。メニューも豊富!一皿100元から食べられるので、気軽に楽しめるのがイイ!

原住民料理デビューはここから試してみるのがおすすめ!


広い屋根付きのテーブルスペース。雨でも安心。


花連東大門国際観夜市
ファーリエン ドンダーメン グォジー グアンイエシー
住所/花蓮市中山路50號
時間/18:00~24:00(店によって異なる)
休/なし
アクセス/花蓮駅→ 花蓮客運バス(1123/1126/1128/1129/1131/1132/1133/1136/1139/1141/105)乗車→花蓮總站または六期重劃區にて下車

 


日替わりで原住民の音楽を演奏。広い花蓮の夜市ならでは。


【台湾花蓮】花連最大の夜市で原住民料理を食べるんだ!

花蓮に行ったらぜひ食べてみたいのが、原住民料理!初体験でも気軽に食べられるのは、東台湾最大の夜市の東大門観光夜市! ここには、原住民街があって一皿100元くらいからなので、気軽に挑戦できるのがうれしい!原住民料理デビューは、夜市で!!