花蓮ではおいしい台湾グルメが味わえます。原住民料理ばかりなのではと予想するかもしれませんが、台北と同じように滷肉飯(魯肉飯)や牛肉麺、鍋料理などの台湾料理が楽しめます。それに原住民料理や、東側ならではの野菜を使った料理が加わる感じなのです。花蓮はワンタン、ガチョウ料理の名店があるので、これはぜひ試してみたいところ。ジャンキーなところでは1時間待ちも珍しくない蔥油餅の店も有名です。東台湾最大の夜市も食べ物がいっぱいで、クオリティーも高い!台湾料理、原住民料理、夜市と大いに迷って、結局結構食べちゃって、デブ活しちゃう、そんな楽しい街なんです。花蓮恐るべし!

花蓮のグルメで筆頭に挙げられるのが、花蓮香扁食の海老ワンタン。大きめにカットした海老のプリプリの食感がたまらん。一度食べたら忘れられない味。

鵝肉(アーロウ)とはガチョウのこと。花蓮には鵝肉の超有名店があります。その名も鵝肉先生。花蓮に来たらガチョウを食べずにしては帰れない。

のんびりローカルな大同市場の中にある米粉焿は地元で人気の朝食メニュー。米粉焿とはビーフンのあんかけのこと。熱々で最後まで冷めず、汗をかきながらかっくらいたい!


花蓮に行ったらやっぱり外せないのが原住民料理。詳しくは原住民料理のページで!

東台湾最大の夜市には、たくさんの屋台料理が並びます。台湾B級グルメや原住民料理など、一度にいろいろ食べられて便利。滞在中一度は行きたい。

花蓮には蔥油餅街と呼ばれる通りもあるほど人気の蔥油餅ツォンヨゥピン。小麦粉の生地にネギをたっぷり入れて油で焼くおやつ。人気店では毎日行列、頑張って試してみたい。


フルーツ系、タピオカ、酒釀入りとたくさんの種類がある花蓮のかき氷。店によって特色があるので、毎日別の店に行ってみたい。かき氷巡りも楽しい。

花蓮にはおしゃれなカフェもけっこうあります。古い日本家屋をリノベしたカフェとか、レトロなカフェとかセンスがいいんですよ。散策の途中にひと息入れるのにぴったり。

台湾のスイカって横に長く、40〜50cmもあるんですよ。珍しいものでは釈迦頭も東台湾の名産品。1年中おいしいフルーツが食べられます。